SIerから脱出するでござる

ドナドナITマン(Uターン勢)がもがく日記

お仕事と技術の話

OSC札幌2017に行ってきました。

暑くて頭回ってなくて「5000兆円欲しい」と譫言のように呟きながらいろいろブースを回って
自分で作った名刺をばらまく簡単なお仕事にいそしんできました。

以前でじぽろでTLをされててすげーなと思った某方にコーダー道場について聞いてくるのが目的だったので、
そのあとはクリプトン様のブースで初音ミクのステッカー頂いたり、
はこだて未来大学の学生様(自分よりはるかにすげーので様付け)の作成パトライト見たり
mruby!そういうのもあるのか…となったり、科学の進歩ってスゲーと思いながらぐるぐる回ってました。

あ、あとVR初体験しました。
あれは凄い。正直言ってゴジラに殺されると思いました。
SAOの世界がすぐそこまで来てると言っても過言ではないです。アスナと結婚したい。
そうか!これが仮想化なんだ!VMwareでこんなこともできるなんて凄い!

来週のコーダー道場に、メンターとして参加します。僕に問題がなければ…多分


んで、今週の仕事中にふと思い出したことを書こうと思います。

以前、関東に住んでいた頃
人売り先で、運よく凄く仕事ができる人の下でインフラの仕事をしたことがあったのですが、その人(以下Yさん)曰く

Yさん「スキルがあっても、仕事があるとは限らない。俺以上に技術がある人間はたくさんいる。ぶっちゃけそいつらには勝てないと思う」
Yさん「でも、だれかがやらなきゃいけない仕事だし、俺一人じゃとてもこの仕事は回せない。だから君たちに仕事を回している」
Yさん「あー、こんな仕事辞めてー!おいユ○クロでスーパーバイザーとして働いた方が金貰えるんじゃねえか!転職しようぜ転職!
Yさん「うぜえええええええええ!!!(ネームカードの紐が何故か増やされたときにブチギレて現場で叫んだ)」
Yさん「(机強打)タイピングで下見るなって言ってんだろ!
タッチタイプが出来ない新入り社員に向けてブチギレ。その新人もタッチタイプすら出来ないのになんでこの業界に入ったのかまったくもって分かりませんが完全にパワハラです本当に以下略)


仕事って、そうやって出来ていくんだなあとふと思い出した次第。

例えば、暑いから氷を売りたい

氷を売るのに必要なものは何か?

奇麗な水、製氷機、購入者

規模が小さければこれくらいで済むと思います。

でも、規模が大きくなっていくと…

製氷機を作るお金、製氷機を動かす電気、氷を売りに行く人材、氷を売る場所、氷を売る流通ルート、競合他社にどう勝っていくかの戦略
より良い氷を売るための付加価値をどうつけるか、氷を売った利益(粗利?)で黒字にするためには…?などなど

考えること山積みになりますし、とても一人じゃ無理です。

だからこそ、会社があって、仕事がある。
最近、こう思うんですよね…

ブーブー文句垂れながらも仕事をしてりゃ大なり小なり金は貰える!

人売りもいい加減にしろレベルのブラック企業だったんで、関東には2年しかいませんでしたが、
札幌であの人ともう一度働ければ嬉しいなあと思った次第です。

以上、思い出話でした。
続きはまた次回。

あーそうだ。アフィリエイトってはてなブログでできるんだべか…調べてみよう。