SIerから脱出するでござる

ドナドナITマン(Uターン勢)がもがく日記

CSSを書いて飾りつけをする話

こんにちは。瀬野です。
皆さん今日は仕事ですか?私は休みデース!

仮想環境でサンプルHPを作る話 - ずっと定時で帰りたいでござる

昨日の続きです。
CSSで飾りつけをしました。

その前に昨日書いたコードはこんな感じです。

<!DOCTYPE html>
<html lang = "ja">
<head>
	<meta charset="utf-8">
	<title>月の光</title>
</head>
<body>
<!-- ヘッダ -->
<header>
	<h1>月の光</h1>
<!-- パンくずリスト -->
		<a href="./index.html">トップページ</a> &gt;
		<a href="./moon.html"></a> &gt; 月の光
</header>
<!-- コンテンツ -->
<section>
	<a href="#music">音楽作品</a>
	<h2><span>月の光について</span></h2>
	<img src="./images/luna.jpg" alt="月光" width=50%>
	<p>
		月の光は<a href="./images/sun.jpg" target="_blank">太陽</a>からの光が月の表面に反射して地球に届いたものです。月の光は古くから神秘的なものと捉えられてきました。芸術や文学の作品で月をモチーフにしたものがたくさんあります。
	</p>
	<p>月の明るさは月齢によって大きく変化します。最も明るいのは満月のときでおよそ0.2ルクスです。これは全天で太陽に次ぐ明るさで、太陽の50万分の1、<em>太陽の50万分の1</em><strong>金星の1500倍</strong>の明るさです。</p>
</section>
<section>
	<h2 id="waka">月の光をテーマとした和歌</h2>
	<ol start="1">
		<li><ruby><rt>あま</rt></ruby>の原、振り<ruby><rt></rt></ruby>け見れば、<ruby>白真弓<rt>しらまゆみ</rt></ruby>、張りて<ruby><rt></rt></ruby>けたり、夜道はよけむ」(万葉集より)</li>
		<li>「今来むといひしばかりに<ruby>長月<rt>ながつき</rt></ruby>の <ruby>有明<rt>ありあけ</rt></ruby>の夜を待ち出づるかな」(古今和歌集より)</li>
		<li>「あたら夜の月と花とを おなじくは あはれ知れらむ人に見せばや」(後撰和歌集より)</li>
	</ol>
</section>
<section>
	<h2 id="music">月の光の名のついた音楽作品</h2>
	<ul>
		<li><a href="https://www.youtube.com/watch?v=qRz0VJxDuIw">
			ドピュッシー「ベルガマスク組曲第3曲」(月の光)
			</a>
		</li>
		<li>フェルナンド・ソル「20のギター向け練習曲第5番」(月光)<br>
			<audio controls>
			<source src="./movies/soru.mp3" type="audio/mpeg">
			<source src="./movies/soru.webm" type="audio/webm">
			<source src="./movies/soru.ogv" type="audio/ogg">
				<p>ご利用のブラウザでは再生できません。</p>
			</audio>
			</a>
		</li>
		<li>ベートーヴェン「ピアノソナタ第14番」(月光)<br>
			<video controls width=320px>
			<source src="./movies/moonlight_sonata.mp4" type="video/mp4">
			<source src="./movies/moonlight_sonata.webm" type="video/webm">
			<source src="./movies/moonlight_sonata.ogv" type="video/ogg">
				<p>ご利用のブラウザでは再生できません。</p>
			</video>
			</a>
		</li>
	</ul>
</section>
<!-- フッタ -->
<footer>
	<hr>
	<p>Copyright (C) Cosmos, All rights reserved.</p>
</footer>
</body>
</html>

こいつに以下のCSSを紐づけます。

/* 共通設定 */
body{
	margin: 0;
	background-color: #222222;
	font-size: 0.9em;
}
a { text-decoration: none; }
a:hover { color: red; }
h1,h2,nav,nav a { color: white; }
/* コンテナ */
div#container {
	width: 800px;
	margin: auto;
	padding: 0;
	background-color: #ffffcc;
}

/* ヘッダ */
header h1{
	font-size: 1.8em;
	font-family: serif;
	margin: 0px;
	padding: 24px 28px;
	height: 132px;
	background-color: #071b7e;
	background-image: url(./images/bg_luna.jpg);
	background-repeat: no-repeat;
}

/* パンくずリスト */
section {
	padding: 20px;
}

/* コンテンツ */
section h2{
	font-size: 1.1em;
	font-family: sans-serif;
	padding: 6px 14px;
	margin: 20px 0px;
	background-color: #223399;
	border-radius: 10px;
	box-shadow: 3px 3px 3px 1px gray;
	clear: both;
}
section p {
	margin: 20px;
	line-height: 1.5;
}
section img {
	width: 300px;
	margin: 5px 0px 15px 15px;
	float: right;
}
ol,ul {
	margin-left: 24px;
	padding-left: 20px;
	line-height: 2;
}
ol{
	list-style-type: katakana-iroha;
}
footer{
	padding: 20px;
	font-size: 0.8em;
	text-align: center;
}


素敵な雰囲気のページが出来上がりました。

f:id:senobro:20170501131706p:plain


htmlで文字を書いて、CSSで飾りつけをする。といった感じですね。

続きはまた次回